Realviz | リアルビズ

SIMULATION

リアルビズはシミュレーション環境を構成するシステムの提案、開発を手掛けます。

サイトマップパートナー

 


STAGE Scenario

Engenuity Technologiess社が開発したSTAGEファミリーは、モデリング&シミュレーションの分野で欠かすことのできないSAF(CGF)ツールとして20年余りの実績を積んできました。COTS製品の中で生産性と信頼性を合わせ持ったソフトウェアといえます。更に、GOTSとの協調も実現できますので幅広い世界との協調作業も視野に入れたシミュレーション環境がすぐにご利用いただけます。また、モデリング&シミュレーションにおいて先進的な機能を短期間に拡張している今でも、従来の伝統を継承する素晴らしいソフトウェアです。STAGE Scenarioは、MultiGen-Paradigm社が提供するVegaPrimeと統合し3次元でのハイクオリティーなビジュアルシステムやミッションクリティカルな要求に対応できる計算能力を提供します。勿論、シミュレーション分野で広く利用されているLinux環境もサポートしています。

Engenuity Technologiesが開発したSTAGEファミリーの最新バージョンは全ツール・セットを横断的に補完する新機能を増強しました。増強について代表的なものは、STAGE Scenarioの完全なビジュアル・シミュレーションのソリューションがあげられます。つまり、MultiGen-Paradigm社のVegaPrimeの高品質な3次元環境を統合的にサポートし、STAGE Scenarioで、煙、炎、波、水しぶき、回転翼などの視覚的なシステムを備えた総合的な戦術環境を提供する開発支援ソフトウェアになりました。更に、STAGE Scenarioはシミュレーション分野で最 もポピュラーなLinux環境もサポートしておりますので、システム構築およびシステムの統合も容易に実現できます。

そしてSTAGEファミリーはnCOMを備えております。このnCOM を使うことで実行環境においてEngenuity製品の他のプロダクト間や3rdパーティーソフトとのデータをシームレスに交換することができます。また、個々のシステムを簡単に連接する為のGUIベースのソフトウェアツールキットを提供しています。STAGEファミリーはさらにデザイン・タイム・コミュニケイションを提供します。これを使うことで3次元環境で設定したシナリオが2次元シナリオに一致するように自動的に更新されることが可能になります。これらの新機能を増強することによって、STAGEファミリーは更に統合された開発環境を提供します。また、軍事商用シミュレーションにおいてミッションクリティカルで重要なシミュレーション環境の状況でも柔軟でコスト効率の良いソリューションを提供します。

製品構成

Database Editor
航空機、車両、艦船、センサー、ウェポン等データベースの登録ができます。
Scenario Editor
地図の選択やプラットフォームのレイアウト等シナリオの編集ができます。
Run-time Environment
作成したシナリオの実行、停止、再開や、シナリオ上のプラットフォームのインタラクティブな制御ができます。
Simulation Engine
リアルタイムで、プラットフォームの運動計算、センサー、 ウェポンによる交戦計算が、Windows、Linux上で実行できます。マルチCPUをサポートしますので、数千のプラットフォームによる大規模なシミュレーションが実現できます。
Script Editor
各プラットフォームや武器の自動的な反応ルールを記述できます。これにより、シナリオ内での状況に応じた自動的な振る舞いを実現します。
Mission Editor
ミッション、サブミッションといったスクリプトをGUIベースで記述できます。

主な特徴

  • MPI社の高品位なVegaPrimeを統合し、煙・爆発・炎・フレーム・回転翼などを含む3次元の新しい機能をSTAGE Scenarioに統合しました。
  • STAGE Scenarioは、シミュレーション産業で広く利用されているLinuxをサポートしました。
  • nCOMはGUIベースのソフトウェアツールキットで、 ETI社製品間や3rdパーティーソフトとのデータ通信のため、高レベルな通信プロトコルを提供します。
  • STAGE Flightsim、STAGE HelisimおよびSTAGE Scenario は強固な統合環境を提供しています。よって、ユーザは、STAGE Scenarioで利用しやすい航空力学に基にした運動計算を制御し、航空機モデル、オートパイロット、FMS、およびScenario Editorによって窓外視界を制御することができます。
  • STAGE製品は、HLA 1516プロトコルを用意して直ぐに利用できるようにサポートしています。つまりFederation Management, Declaration Management, and Object Management.を含む商用で販売されているHLA1516(pRTI1516, HLA1.3など)をサポートしています。

有効性 | プロダクトの特徴

ビジュアルシステムと計算能力
  • STAGE ScenarioはMultiGen-Paradigm社のVegaPrimeと統合し、煙、爆発、炎、フレーム、回転翼などの高品位な3次元機能を提供します。
  • STAGE Scenarioは、シミュレーション産業で幅広く利用されているLinuxをサポートしています
DISサポートによる機能拡張
  • DISの各タイプのデータマッピングは、STAGE Scenarioのプロファイルへマッピングする為にはデータベースエディターを利用してデータベースに保存することで実現できます。
  • DISサイトがエンティティの所有権を転送することができます。すなわち、PDUの応答の確認や制御要求の転送をサポートします。
  • 9つの標準DIS dead-reckoningアルゴリズムすべてのサポートをします。
STAGE Flightsim/Helisimとの統合
  • STAGE Flightsim and/or STAGE Helisimを使用してSTAGEScenarioで飛行ダイナミックスを制御する場合は、コーディングは必要無く、最小限のセットアップで実現できます。
  • Scenario Editorで航空機モデル、オートパイロット、FMSおよび窓外視界を形成できます。
  • STAGE Scenarioから、STAGE Flightsim/Helisimのアプリケーションを自動的にスタートできます。
  • スナップショットやリストアーの機能はSTAGE Scenarioの中から使用できます。
言語のローカライズ
  • STAGE製品は、GUIで使用するための地域特有のテキストストリングを格納することができるXMLフォーマットメッセージカタログの修正を可能にします。これにより、ご利用の地域の言語や文化へのアプリケーションを適応させすることができます。
  • コードの改修やアプリケーションを再コンパイルせずに、メニューおよびメニュー・コマンドの名前、ウィンドウおよびダイアログ・ボックス・タイトルなどのメッセージ、ヘルプ・テキスト、およびエラーおよび警告メッセージをカスタマイズできます。
ドキュメント
  • 迅速に参照できるようオンライン・ドキュメンテーションを強化しました。
  • STAGEScenario Class Library Referenceは拡張し、マイクロソフトVisual Studioに統合することができます。

データコミュニケーション

nCOM
  • nCOMは多数の通信プロトコルをサポートしますので拡張が容易です。
  • nCOMは、インテグレーションの為のコーディングを必要と しません。ユーザはプログラミングのエキスパートでなくて結構です。それぞれのシミュレーションを開発するために必要な柔軟性を提供し真実のプラグ・アンド・プレイによるインテグレーション環境を実現します。
直ぐに利用可能なHLA支援環境
  • STAGEファミリーは、HLA 1.3およびHLA 1516のためのRPR-FOMをサポートします。
  • 多くのRTIはSTAGEの最新版でサポートされています。
  • EntityState、RadarBeam、、WeaponFire, MunitionsDetonation、StartResume、StopFreeze Interactionsを、最新版では標準でサポートされます。
  • STAGEは、Federation Management、Declaration Managementをサポートします。
設計時の通信(DTC:Design Time Communications
  • ユーザがシナリオ・マネージャーおよび3次元窓外視界の両方の新しいエンティティを同時に修正したり加えた結果を見ることが可能です。
  • 多くのRTIはSTAGEの最新版でサポートされています。
  • EntityState、RadarBeam、、WeaponFire, MunitionsDetonation、StartResume、StopFreeze Interactionsを、最新版では標準でサポートされます。
  • DTC接続はエンティティとオブジェクトの作成、修正および削除に関する情報を交換するために使用することができます。