Realviz | リアルビズ

HLA

リアルビズはシミュレーション環境を構成するシステムの提案、開発を手掛けます。

サイトマップパートナー

 


Developer Studio

Design and Generate

設計と作成

HLAエクスパートを身近に、 HLA経験者をパッケージ化

Pitch Developer StudioTMはシミュレーションを迅速につくるパワーを提供します。既存のシミュレーションをHLA準拠にし、また新規にHLA準拠システムを作成することができます。お客様のプロジェクトにかかる時間と資金を節約します。

まさに" HLA経験者をパッケージ化"したようなものです。つまり、お客様のプロジェクトに必要なHLAソフトウェアコンポーネントを迅速に提供します。Pitch Developer StudioTMは、エンドユーザーソリューションを迅速に作成する必要がある組織にとって優れたツールです。

デザインと生成

Pitch Developer StudioTMは魅力的なグラフィカル環境で、相互運用性モジュールの設計を支援するものです。モデル変換情報に基づいて、開発者はそれぞれのシミュレータのニーズに正確に合致したデザインを作成することができます。

実績のある高品質、高パフォーマンスC++とJavaコードをマウスクリックするだけで自動的に生成します。拡張ドキュメントも生成されます。お客様のアプリケーションにコードを統合すれば準備完了です。時間を節約し、リスクを低減します!

柔軟な展開

Pitch Developer StudioTMを用いて開発されたHLA準拠システムはロイヤリティなしで展開できます。HLA1.3、HLA1516-2000、HLAEvolvedのような、さまざまなRTIとHLA標準規格をリコンパイルする必要なしに自動でサポートします

WindowsやLinuxのような一般的なOSとさまざまなJava環境をサポートします。後からシミュレーションを拡張したいというニーズが発生した場合でも、既存のコードをベースに最小の負荷で対応できます。

強力な開発プロセス

新しいHLAフェデレート開発の場合でも、既存のシミュレータをHLAに適応させる場合でも、Pitch Developer StudioTMを使用すれば数分で実行できます。

  1. 標準FOM(モデル変換情報)、拡張された標準FOM、またはカスタムFOMから始めます。
  2. Developer Studioで新しいプロジェクトを作成します。他のフェデレートとシェアしたいオブジェクト、インタラクションとデータタイプを選択して設定します。
  3. ボタンをクリックしてコードを生成します。このコードはHLAインターフェースモジュールを完全にインプリメントします。拡張ドキュメントも生成されます。
  4. 生成されたモジュールをお客様のプロジェクトにインクルードします。これでお客様のアプリケーションは、シェアードオブジェクト上のデータを簡単に設定、取得することができます。インタラクションはメソッドコールとしてハンドルされます。ではRTIに接続してみましょう!
  5. お客様のシミュレーション性能が向上するにつれ、データタイプを拡張したいというニーズがでてくるかもしれません。モデル変換情報を単純に拡張するだけで、Pitch Developer Studio内にインポートでき、繰り返し使用できます。本格的な開発と同様にプロトタイピングにも申し分ありません。
RTIおよびHLAの全てのバージョンで動作します
ある日はPitch pRTI 1516で動作させる必要があり、また別の日には古いRTI-NGv6が必要なときは? 問題ありません!生成されたコードは最新のRTIとHLAバージョン、HLA1.3、HLA1516-2000およびHLA Evolvedで動作します。リコンパイルの必要はありません。単に"RTI Driver"ライブラリーを切り替えて、アプリケーションをスタートさせるだけです!



Features Pitch Developer StudioTM

特徴

Middlewareを短時間で作成

Pitch Developer StudioTMは使いやすいAPIをもったミドルウェアを生成します。これにより、シェアードオブジェクトの属性上で"値の設定"と"値の取得"操作を簡単に実行できます。

リモートオブジェクトは自動的に検索され、生成、アップデートされます。インタラクションはメソッドコールとして容易にハンドルできます。単純なデータも複雑なデータも全て、自動的に標準HLAタイプとRPR FOMデータタイプでエンコード、デコードされます。最良の実践パターンとしては、最適な性能とフォールトトレランスを得るためだけでなく、お客様のアプリケーションからHLAハンドリングを分離するために使用されることです。

生成されたコードの統合方法を記したプログラマーのドキュメントセットが、お客様のアプリケーション専用に生成されます。

デザイン、生成と改良

FOMは拡張することができ、お客様自身のコード修正なしにコードを生成することができます。また、フェデレートの範囲を拡張する際は、追加オブジェクトとインタラクションをFOMから選択することもできます。これにより、フェデレートとフェデレーションを後から改良することができます。

フェデレーション内で他のフェデレートとシェアするオブジェクトとインタラクションをグラフィカルに選択、設定できます。オブジェクトやイニシャライゼーションパターンのためのルックアップテーブルを設定します。

Specifications Pitch Developer StudioTM

仕様

HLA機能をサポート

Pitch Developer StudioTMはHLA/RTI通信、宣言、オブジェクト登録/アップデート、データエンコーディング/デコーディング、オブジェクト/属性の反映、インタラクションのディスパッチ、初期設定/オートプロバイドサポート、フォールト・トレランスとHLAバージョンの非依存性をサポートします。

文書作成

  • 生成されたコードのためのユーザーズガイド(概説)
  • JavaDoc/Doxygen API文書

OS

  • Windows XP/2003
  • Red Hat Enterprise Linux 3, 4, 5

サポートしているFOM

HLA 1516-2000 compliant FOM

ミドルウェアRTIのサポート

  • HLA 1516-2000
  • HLA 1.3
  • HLA Evolved (experimental support)

ライセンス

ベースライセンスには1つのコードジェネレータを含んでいます。 Generators :

  • Java (Java 5 SE 以上)
  • Windows C++ (MSVC 7.1 以上)
  • Linux C++ (RHEL 4 以上)
"Plus package" は Pitch Visual OMT1516が含まれます。